コンビニで売っている胃腸薬

胃腸薬とCagAたんぱくと世界癌研究機構の関連

胃腸薬とCagAたんぱくと世界癌研究機構はすぐにその名前から関連を知ることはむずかしい存在です。胃腸薬は胃痛、胃もたれ、食欲不振などの症状がでると、気軽にドラッグストアで買い、飲む薬です。しかし、胃痛、胃もたれ、食欲不振の症状は胃がんの初期症状とよく似ています。気軽に見過ごすことで、胃がんが進行する場合もあります。胃腸薬として飲む薬は神経性胃炎、慢性胃炎の場合は症状がよくなりますが、胃がんの場合は知らない間に進行することがあります。胃腸薬は症状からでは判断できないときもあります。
日本人の死因の第一位はがんです。免疫力のない高齢者がかかりやすく、少子高齢化が進んだことで、がんが増え死因の第一位になっています。1980年ごろまでは脳血管疾患が1位でした。
がんの予防は免疫力を高める食品を多くとるようにすることが大切です。CagAたんぱくとは石川県金沢市の株式会社加賀タンパクが作る油揚げ、豆腐のことです。CagAたんぱくは豆腐が栄養価が高く免疫力を高める食品であることから、昔からの加工技術で伝統の油揚げと豆腐を作り、提供しています。豆腐の材料である大豆は体を構成するアミノ酸20種すべて含まれています。また体で作り出すことができない必須アミノ酸9種類が豊富に含まれています。日本人が長寿社会となったのは大豆による栄養のおかげといっても過言ではありません。
世界保健機関(WHO)の世界癌研究機構は人に対する発がん性物質をまとめ公表しています。世界癌研究機構が発がん性因子と指定した菌にピロリ菌があります。ピロリ菌は胃と十二指腸の粘膜に住む細菌です。世界癌研究機構は世界のがんのリスクを公表し、がんの予防に貢献しています。