コンビニで売っている胃腸薬

胃腸薬と胃荒れの原因とフオイパン

胃腸薬は、胃に不快感を感じたりした時に服用するお薬です。胃荒れを起こしてしまうのには、様々な原因があります。胃腸薬を頼らなくても済むような、生活の改善が必要な場合もあります。胃腸薬は一時的に症状を抑えるものです。殆どの胃荒れは、ライフスタイルの中に原因が隠れています。そのため、日常生活を根本から見直していく必要もあるのです。

胃荒れが起こるのは、胃への攻撃力と、胃を守る力との、両方のバランスが乱れてしまう状態であるためです。アルコールや喫煙、食生活が不規則であったり、精神的ストレスなどによって、防御と攻撃のバランスが、体内では崩れていきます。そのため、胃を守っていく力は、どんどん下がっていきます。弱くなったために、胃の粘膜は簡単に傷ついてしまうような状態にもなるのです。

胃に不快感を覚えると、多くの人は胃腸薬を飲みます。胃の痛みを感じたり、胸焼けや吐き気を感じたり、嘔吐することもあります。何回もあくびが出たり、お腹が張った感じがするとか、人によっては食欲不振になることもあります。

胃が荒れやすいのは、薬とも関係していることがあります。胃が荒れやすい薬としては、風邪薬や頭痛薬、睡眠薬や鼻炎薬などがあります。胃が荒れてしまった時に飲むと良いのは、2つの種類の胃薬が考えられます。粘膜保護薬や、胃酸分泌抑制薬などの胃薬が有効となります。

フオイパンは、慢性膵炎の治療に使われるもので、膵臓を守る薬でもあります。フオイパンは蛋白分解酵素阻害薬であり、トリプシンなど蛋白分解酵素の動きに対して、阻害しようと働きます。フオイパンは、膵臓を膵液から守るために働いて、吐き気だとか、吐き気なんかも軽くしていきます。